子どもの頃通った本屋さん

はじめまして。

エア書店員の織(しき)と申します。普段は「しきおりつづり」という個人ブログで、読書感想等を綴っている者です。

 

さて。

「平井の本棚」は7月28日(土)にオープン予定ですが、皆さま、イベント情報は既に確認されましたでしょうか?

( https://hirai-shelf.tokyo/event/

 

参加する際には本を1冊お持ちいただきます。

テーマは、「平井の子どもに読んでほしい1冊」です。

昔実際に読んでいた本でも、あの時読んでいればよかったなぁ……と思っている本でも、ご自由にお考え下さい。わたしも何を持っていこうか悩み中です。

(詳細はイベント情報のページでご確認ください)

 

そこで、ブログ第1弾では、「子どもの頃通った本屋さん」について綴ります。

平井の民ではないので、別の土地の話で恐縮ですが……。

 

駅の近くにあった個人店の本屋さん。おばあちゃんがひとりでやっていました。

そこで本を買うと、小さい子にはおまけをくれたのをよく覚えています。

雑誌のふろくのあまり(?)だったような。シールとかだったと思うのですけれど……。記憶が曖昧です。

 

たまにこっそり、「ふたつ持って行ってもいいよ」と選ばせてくれました。

 

何のおまけをいただいたのか、何の本を買っていたのか、20年くらい前のことなので詳しくは覚えていないのですけれど。

どの本を買おうか迷う楽しさを知ったのは、そのお店でした。

 

引っ越した関係で駅の向こうになってしまって、今は通っていない薄情者なのですけれど……。今も続けているのでしょうか。

また行きたいです。

 

皆さまは思い出の本屋さん、ありますか?

こっそり教えて下さると嬉しいです~。

 

それでは。

 

 

よろしければ個人アカウントやブログに遊びに来てください~↓

Twitter:@shikioritsuzuri

はてなブログ:しきおりつづり ( https://shikiori.hatenablog.jp/ )

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください