モノノケハイ(9)「肯定」

ただひたすらに肯定されたい時がある。

励まされたり、応援されたいわけでもなくて、背中を押してもらわなくていいから、ただ真っ直ぐ目を見て小さく頷いてもらうだけで心の底から許された気持ちになって、前に進めたりする。

「正しさ」の基準が分からなくなったり、心は前に進みたがっているのに頭がどうしてもそれを否定してしまうときに、誰かに許しを得たいと、自分の弱さがすがってしまう。

0から1になるのは途方もなく思えるのに、一度1になってしまえばその先は信じられないほどの速さで進める。

でも、ふと、後ろを振り返ってしまったり、ほんの些細なことが気になって泣きそうになる。

そんな時に、どうしようもなく真っ直ぐに肯定してほしいと、

そういうものが欲しいと思う。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください