店番日記:最近の疑問点・年の瀬

こんにちは、越智です。

日々「なんで〇〇は△△なんだろう」とふと疑問に思うことが多いので、答えにたどり着かぬままクエスチョンだけを置きっぱなしにしてみようという連続記事です。

大体、思いついたときにその場にいる人に聞くのですが、「ははは」という感じになるので「ははは」もしくは「なんでだろう」と思いながらお読みください。

もし知っていたらぜひコメントへ。

今日の疑問点は「年の瀬は超えるもの?

毎年もう12月か~としみじみしたくなる年の瀬。

「年の瀬」の音の響きから私は「山の背」(尾根のこと)を思い出して、なんとなく年の瀬は乗り越えたり、つたっていくようなイメージがあります。

多分、「年の瀬」は漢字から連想するに海辺などの水の際のことなんだろうけれど、ここから来年だよっていう境界線がくっきりしているというより、寒くなるにつれて徐々に徐々に年末感がどこからともなく充満してきて、そこらへんに年末感が飽和したらよっこいしょってお正月になるような気がしています。

これは私が帰省したり、どこかに行ったりしないでゴロゴロ寝正月を決め込んだり、普段通り仕事をして年末年始を過ごすことが多かったからかもしれませんね。

年末や年度末のスケジュールに合わせて忙しくなるタイプの仕事でもなかったですし。

皆さんの年の瀬とお正月になるタイミングのイメージを聞いてみたいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください