イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

7/10 みんなの「人生の一日」を発見する 編集者と読む読書会①

7月 10 @ 7:30 PM - 9:00 PM

2000円
○ 編集者と読む読書会をはじめます。

一冊の「本」の企画を練り、著者をはじめとする様々な人々と相談し、書籍というかたちで世に送り出す編集者。編集者と一緒に読むことで、作品をひもとく新たな発見があるかもしれません。

水窓出版×平井の本棚

みんなの「人生の一日」を発見する~阿部昭作品を読む


 ●日 程 710日(水)19302100

 ●場 所 平井の本棚 2階イベントスペース

 ●参加費 2000円(書籍・ワンドリンク付き)
 ●テキスト
 『March winds and April showers bring May Flowers.
  ―阿部昭短編集』(水窓出版)
   ※当日配布いたします。書籍の代金は参加費に含みます。

   書籍をすでにお持ちの方は500円をお支払いください。

 

【内容】
編集者と読む読書会。第一弾は、編集未経験ながら出版社を興した水窓出版代表・高橋亮偉氏を迎えて、最新刊『阿部昭短編集』を読みます。冒頭、高橋代表から、出版社を始めようと思ったきっかけ、阿部昭の魅力、復刊しようと思った理由などを伺います。そして、読書タイムの後に意見交換。つまり「手ぶらでOK」な読書会なので、阿部昭作品を読んだことのない方も気軽に参加できます。

 

【申込先】hirai.shelf@gmail.com まで

 

阿部昭(193489小説家。東京大学文学部フランス文学科卒業。幼少より暮らした鵠沼を舞台にした作品が多く、短編小説の名手として知られる。中学・高校の教科書に採用されるなど、平明な文章で自身の人生や日常を描いた作品が多い。ラジオ東京(現TBS)勤務の傍ら作品を発表、71年から創作活動に専念。76年に『人生の一日』で芸術選奨新人賞を受賞。

水窓出版(高橋亮偉氏)プロフィール 2018年6月起業。出版社での勤務や編集の経験なく、一人で出版社を始める。同年11月に三木卓『ミッドワイフの家』を復刊、今年4月には『March winds and April showers bring May flowers.―阿部昭短編集』を刊行。

高橋代表から一言 この読書会では、阿部昭の魅力はもちろん、私自身の起業から現在にいたるまでの実情や失敗談をお話します。脚色した苦労話というよりも、なるべく素直な気持ちをお話したいと思っているので、もしかすると期待外れに思うかもしれません。それでもこのスタイルで出版業を続けたい、という思いを率直にお話できたらと考えています。質問も随時受け付けます。この機会に読み手の多様な視点を吸収し、次につなげられたらうれしいです。

詳細

日付:
7月 10
時間:
7:30 PM - 9:00 PM
参加費:
2000円

会場

平井の本棚
平井5-15-10
江戸川区,
+ Google マップ

主催者

平井の本棚