イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

5/29トークイベント「世界の把握の仕方~地理の眼×囲碁の眼」

2019年5月29日 @ 7:30 PM - 9:00 PM

1500円

トークイベント 地理人×囲碁人「世界の把握の仕方~地理の眼×囲碁の眼」

●日時 5 月29日(水)  開演19時30分
●場所 平井の本棚 2階イベントスペース
●価格 1,500円(ワンドリンク付・ノンアルコール)
●出演 今和泉隆行(空想地図研究家)
関翔一(囲碁アーティスト)

●申込み      hirai.shelf@gmail.com

内容

実在しない都市の地図を描き続ける「地理人」今和泉隆行さん。これまでの活動の棚卸として、新しい地図の読み方『地図感覚』と銘打つ新著を出されました。そこで、平井の本棚では、囲碁アーティストの関翔一さんとの対談を企画。地図に囲碁?なんのこっちゃ、と思われた方もいるかと。実は、都市の形成と囲碁の陣地の広がり方は重ね合わせると面白いことがみえてくるのです。地図や囲碁をアートとしてとらえる方向でも刺激的なお話が・・。事前打ち合わせは禅問答のようでした。マニアフェスタでの出会いがどこにつながっていくか?ぜひお越しください。

今和泉隆行(空想地図作家)
7歳の頃から空想地図(実在しない都市の地図)を描き、現在も空想地図作家として活動を続ける。
大学生時代に47都道府県300都市を回って全国の土地勘をつけ、地図を通じた人の営みを読み解き、新たな街の見方を模索している。空想地図は現代美術作品として、各地の美術館でも展示巡回中。主な著書に「みんなの空想地図」(2013年)、「地図感覚で都市を読み解く」(2019年)。
関翔一(囲碁アーティスト/インストラクター)
法政大学文学部哲学科卒業。3年前、「Alphago」が人類を破った翌月に、「良い勝負になっている囲碁の絵」である囲碁アートを創始する。他、囲碁のルールを使った計算機(足し算や掛け算)の開発も手がける。

 

 

 

詳細

日付:
2019年5月29日
時間:
7:30 PM - 9:00 PM
費用:
1500円

会場

平井の本棚
平井5-15-10
江戸川区,

開催者

平井の本棚