イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

森はワンダーランドではなかった?『絶望の林業』に至ったワケ

2月 16 @ 4:00 PM - 5:30 PM

1000円

 平井の本棚フェア「本棚は森、積読は観葉植物?」著者トーク

 

森はワンダーランドではなかった?

『絶望の林業』に至ったワケ

 

「紙の本、もとをたどれば木や森にたどり着く?そうすると、本棚は森だね!」というおしゃべりをしていたら、瓢箪から駒。森林ジャーナリストの田中淳夫さんが、奈良からお越しになり、近著『絶望の林業』について、トークをしてくれることになりました。

森オタクとして『森は怪しいワンダーランド』という楽しい本の著者でもある田中さんが、なぜ林業に絶望し、怒りを覚え、問題提起するに至ったか、その背景を伺います。

 

【日 時】2020年2月16日(日)16:00~17:30  

【場 所】平井の本棚 2階イベントスペース

【話し手】田中淳夫/森林ジャーナリスト 

    ・森オタクになるまで

    ・『森は怪しいワンダーランド』のドキドキ

    ・怒り・問題提起はどこにつながるのか、どこから手をつけるとよいのか

    ・林業だけの問題なのか。絶望の先の光明は?

【参加費】 1000円(税込)  

【お問い合わせ】hirai.shelf.net@gmail.com 

 

ゲスト紹介

田中淳夫(タナカ・アツオ)
1959年大阪生まれ。静岡大学探検部を卒業後、出版社、新聞社等を経て、フリーの森林ジャーナリストに。森と人の関係をテーマに執筆活動を続けている。主な著作に『森は怪しいワンダーランド』(新泉社)、『森林異変』『森と日本人の1500年』(平凡社新書)、『鹿と日本人―野生との共生1000年の知恵』『樹木葬という選択』(築地書館)、『ゴルフ場に自然はあるか? つくられた「里山」の真実』(ごきげんビジネス出版・電子書籍)ほか多数。(新泉社 著者紹介より)

森林ジャーナリストの「思いつき」ブログ:http://ikoma.cocolog-nifty.com/
Forest Jurnal連載コラム:https://forest-journal.jp/market/21890/

 

▽申し込みはこちらから

詳細

日付:
2月 16
時間:
4:00 PM - 5:30 PM
費用:
1000円
イベントカテゴリー:
イベント タグ:
, ,
ウェブサイト:
https://forms.gle/vrM18bR1JGnd7oqF6

会場

平井の本棚
平井5-15-10
江戸川区,
+ Google マップ

開催者

平井の本棚